本文へ移動

利用者様 生活情報局

施設の日常をお知らせします。たまには見てくださいね~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

七夕

2020-07-07
チェック
今年の願い事は…
七夕と言えば、天の川で隔てられ会うことができなくなった織姫と彦星が、1年に1度だけ会うことが許された日です。
 
この星物語にちなんで、毎年7月7日の夜、色とりどりの短冊に願い事を書き、星空に祈る習慣が日本各地で親しまれています。
 
今年は色々と願いたくなる年ではないでしょうか。
 
今夜は当施設でも星空に祈りを捧げます。
 
七夕七夕七夕

『新春民舞大会』を行いました。

2020-01-12
チェック
令和2年1月11日(土)、新春恒例行事、『新春民舞大会』を行いました。
新年の幕開けにふさわしい、素敵な踊りや舞を披露してくださいました。
 
≪ ご出演団体様 ≫(敬称略)
 東京七頭舞研究会
 足立民舞
 八王子民舞
 船橋ばか面踊り同好会
 
≪ 演 目 ≫
 中野七頭舞
  (岩手県下閉伊郡岩泉町小本中野地区の郷土芸能)
 ばか面踊り
  (千葉県船橋市の郷土芸能)
 ミルクムナリ
  (沖縄県の伝統芸能エイサーの演目の1つ)
 大森神楽
  (岩手県奥州市衣川区大森地区の神楽)
 はねこ踊り
  (宮城県石巻市桃生地区に伝わる踊り;県指定無形民俗文化財)
 獅子舞
  (五穀豊穣の祈祷、悪魔祓い、雨ごいなどを目的とする民俗芸能)
 
 
各演目には、全国それぞれの地域社会で受け継がれてきた歴史があります。
どの演目にも共通するのは、踊りや舞を通じて豊作や豊漁、家内安全などへの祈りと感謝を神様にお伝えし、
その地域社会で暮らし続けることができるようにという願いです。
 
この願いは「今も昔も変わらないんだなぁ」と感じました。
 
 
私たち老健施設は、その願いをひとつでも多く実現させるために、
 
住み慣れたご自宅に戻ること(在宅復帰)
そのご自宅での生活を支えること(在宅療養支援)
 
に努めていきたいと思います。
 
本年もよろしくお願いいたします。

『餅つき』を行いました。

2019-12-29
チェック
今年も残すところわずかとなりました。
令和元年12月27日(金)、お正月を迎える恒例行事、餅つきを行いました。
 
焚火で羽釜を熱し、お湯を沸騰させ、もち米を蒸らします。
羽釜の中のお湯は、もち米を蒸らすだけでなく、石臼を温めるためにも使用します。
蒸しあがったもち米を石臼に移したら、杵でもち米を潰してこねます。
 
さぁ、準備が整いました。
 
多くのご利用者様に見守られる中、掛け声と共に杵がテンポよく石臼に吸い込まれます。
 
「よいしょ!! そーれっ!! もういっちょ!!」
 
つき手と返し手の息がずれると、「あぁ~!!下に曲がる右矢印(橙)下に曲がる右矢印(橙)下に曲がる右矢印(橙)」という声が上がります。
上手くつけてもつけなくても、とっても楽しい時間です。
 
 
ついたお餅は鏡餅鏡餅となり、施設内に飾られます。
ご利用者様へはお餅の代わりに「あんこ」をご提供しました。
 
ご利用者様とこうして餅つきができること、新しい年を迎える準備ができることに喜びを感じずにはいられません。
 
皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。
新年もよろしくお願い申し上げます。

クリスマスコンサート2019を開催しました。

2019-12-27
チェック
サンタクロースがたくさんやって来たぁ!!
令和元年12月25日(水)、千葉県立船橋芝山高校吹奏楽部からサンタクロースがやってきました。
 
≪ 演 目 ≫
 1.明日があるさ(坂本九)
 2.フォスター・ソング・ファンタジー(S.フォスター)
 3.雨にぬれても(B.J.トーマス)
 4.変わらないもの(山崎朋子)【合唱】
 5.クリスマスソングメドレー ~きよしこの夜 他~
 6.演歌メドレー
 
今回特に印象残ったのは、吹奏楽部の皆様が横一列になり、ピアノ伴奏ピアノ盤のみで合唱された「変わらないもの」(山崎朋子)です。
圧巻の歌声ときれいなハーモニー3つの音符が施設内に響き渡り、ご利用者様はもちろんのこと、業務中の職員も聞き入ってしまいました。
 
そして、演目最後の演歌メドレーは、歌合戦形式で披露してくださいました。
 
白組からは「北酒場」(細川たかし)、紅組からは「川の流れのように」(美空ひばり)を演奏。
オレンジガーデン紅白歌合戦では、見事紅組が勝利し、「愛燦燦」(美空ひばり)を最後に終演となりました。
 
普段体を動かすことが難しいご利用者様でも、演奏に合わせて手拍子されたり、大きな声を出して歌っていらっしゃいました。
「サンタさん、とっても素敵なプレゼントをありがとう。」
 
次回、「お花見コンサート」が今から待ち遠しいです。

 

クリスマス会を開催しました。

2019-12-11
素敵なクリスマスソングが響き渡りました♪
山田様の歌声に聞き入るご利用者様
令和元年12月7日(土)、クリスマス会を開催しました。
 
今年は『素敵なクリスマスソングを』をテーマに、船橋市を中心に音楽活動をされている「山田翔」様をお招きし、アコースティックギターによる生演奏LIVEを企画しました。
 
「ジングベル」等、クリスマスの定番曲から山田様のオリジナル曲まで、幅広い楽曲をお楽しみいただきました。
 
来所されたご家族様も、ご利用者様とのひとときを楽しまれていらっしゃいました。
 
次回のイベントは、「クリスマスコンサート」です。
*開催予定日;令和元年12月25日(水)

もうすぐ納涼祭

2016-07-22
今年もオレンジで一番力を入れている行事「納涼祭」が行われます
日付は、平成28年7月30日(土)。
 
○家族会バザー 14時~16時
○夕食 16時30分~17時30分
○野外納涼祭 18時~19時30分
○ボランティア「緑台ふれあい太鼓」様
○職員催し物「南中ソーラン・よっちょれ」
 
既に、オレンジへ来所をされておられるご家族様はご存知かと思われますが、オレンジ中が納涼祭に向けた装飾で、とっても賑やかですかお の絵文字きらきら の絵文字
中には、利用者様がレクリエーションの一環で制作をされた物もございますので、ご覧頂ければ幸いですネコ*ニャンコ*キャット*Cat*ニャー*猫*=^・ω・^= の絵文字

芝山高校吹奏楽部によるサマーコンサート

2016-07-21
今日は、芝山高校吹奏楽部による「サマーコンサート」が開催されましたsmiley
今日の演目は5つ
1.童謡メドレー 2.美空ひばりメドレー 3.ピンクレディーメドレー 4.上を向いて歩こう 5.ふるさと
 
コンサートでは、演奏以外にも毎回、創意工夫を凝らした演出をしてくださっております*ネコ*猫*ニャンコ*ニャーニャー*キャット*CAT の絵文字 
 
まずは、向日葵をかたちどった折り紙に曲目を書いてくださり、利用者様にプレゼントふわふわ の絵文字 
 
「ピンクレディメドレー」では、芝吹のピンクレディと呼ばれているお2人が、お揃いのかわいいスカートをはき、完璧な振り付けでダンス~エアーでマイクを握って、歌っていました きらきら の絵文字 
 
最後は、楽曲「ふるさと」の演奏に合わせて、1年生が手話を見せてくださいました。
 
今日のステージも練りに練られた構成で、私たちを楽しませてくださり、ありがとうございました!
またのお越しをお待ちしております シロクマ の絵文字 
 

土用の丑の日

2016-07-20
今日は、オレンジにおいて、土用の丑の日でしたカエル の絵文字
ちなみに、2016年の土用の丑の日は、7月30日(土)です。
今か、今かと待ち遠しいですね~
 
さて話は戻って、今日のイベントメニューは、毎年好評の「ウナギのひつまぶし」をはじめ「夏野菜のサラダ」「みかんゼリー」等が登場。
 
特に、「夏野菜のサラダ」は、暑い夏にさっぱりと頂ける三杯酢のゼリーで仕上げてあり、ミョウガやトマトなどは、出来るだけ調理で手を加えず素材の味を大切にして作られておりました。
 
ウナギを食べて、暑気払いをしたら、毎度お馴染みのボランティア様「キラク部」がお目見え!今回は、3ヶ月ぶりのご来所です。
腹話術のお人形、ふうちゃんからは、夏野菜の種類を当てるクイズ等も利用者様に投げかけ、頭の運動として良さそうでしたきらきらハート の絵文字

7月7日、七夕様。

2016-07-07
7月に入ると、デパートのショーウィンドウや駅では、七夕様の飾り付けが始まり、街中が七夕色が一気に高まりますよね落書き*イラズラ書き*スケッチ*お絵かき*色エンピツ の絵文字
 
勿論、オレンジにおいても1階入所、デイケア、2階入所において、飾り付けが施されました。
 
七夕飾りは、利用者様にご協力を頂き、6月中には完成。
制作をしながら、「今年は何の願い事をしようかしら」と考えを巡らせている利用者様もおられました(タイトルなし) の絵文字
 
短冊を見ると、世界平和やオレンジ入所の方々の健康を祈る内容が多く、中には、私たち職員の体の気遣いについて書いてくださる方もおられました。
皆様、心優しい方ばかりですね(タイトルなし) デコメ絵文字
 
ちなみに、今日の昼食メニューは、七夕のイベント食(タイトルなし) デコメ絵文字
デザートのゼリーは、お星様の形になっており、可愛らしかったですふわふわ の絵文字
 

お孫様の結婚式の為に・・・

2016-06-27
ここでは、長期入所をご利用中の女性の利用者様のお話をご紹介します。
 
 その前に・・・
 皆様は、ケアプランというものをご存じでしょうか。利用者様がその方らしく生活が出来るよう、お一人おひとりに合わせて目標を設定する利用計画書の事です。
 
 今日のお話の主役となる利用者様のプランの課題には「6月に行われるお孫様の結婚式に出席をする」という内容が設定されました。
 
 この課題を達成する為に、理学療法士や介護士、看護師等が力を合わせケアをしていきます。
 プランの内容には・・・
「式場にて姿勢を保つ事が出来るよう筋力アップのリハビリを行う」、
「お孫様にプレゼントをする為に手作りのお祝い色紙を作成して手指のリハビリを行って頂く」等。
 
 また、当日式場では、行動支援の為に、他事業所の介護士も支援を行います。事前に、当施設にて利用者様の動作確認を行い、入念に打ち合わせも行っておりました。
 
 出席をするとなってからは、前向きな発言や行動が見られるようになり、例えば、当日の為にお化粧の練習をしなくちゃと話され、眉を整え、綺麗にルージュをひく姿も見受けられました。
 
 余談ですが、実は当初、自分が式場に行ったら車椅子だから迷惑がかかる・・・長く座っていられないから無理・・・と言って、出席を断られていたそうです。しかし、ご家族の方は、本当は行きたいのだろうと見抜いておられ、ケアマネも含めた話し合いの結果、出席される事に。
 
 いよいよ式が近づくと、ネールアートが得意な看護師が施術したり、当日は介護士がメイクを手伝ったり。
 利用者様の生活に寄り添う支援は、通常のケアだけでなく、多岐にわたってアプローチをする事が出来るのだなと感じました。
 
 式当日の集合写真に写る笑顔は、キラキラ光り輝き、出来上がったお写真を職員を呼びとめて、自慢げに見せておられました。
TOPへ戻る